1. フィギュリン 西洋陶磁人形
  2. ビング・オー・グレンダール Bing & Grondahl スパニエル 突出した芸術性 日本美術に触発された芸術的な名窯 古いフィギュリン 1915年~1947年 柔らかく溶け広がる釉下彩 自然への愛

ビング・オー・グレンダール Bing & Grondahl スパニエル 突出した芸術性 日本美術に触発された芸術的な名窯 古いフィギュリン 1915年~1947年 柔らかく溶け広がる釉下彩 自然への愛

ビング・オー・グレンダール Bing & Grondahl スパニエル 突出した芸術性 日本美術に触発された芸術的な名窯 古いフィギュリン 1915年~1947年 柔らかく溶け広がる釉下彩 自然への愛

送料無料 37,800

在庫数:
1
カテゴリ:
フィギュリン 西洋陶磁人形
商品番号:
G946

写真のあとに説明文章を掲載しております




























小さなサイズながら、抜群の存在感を持つ、芸術的なフィギュリン。

ロイヤルコペンハーゲンと並ぶ名窯「ビング・オー・グレンダール」の「釉下彩」(ゆうかさい)の作品です。



ブランドビング・オー・グレンダール
Bing Og Grøndahl(Og は & の意)
デザインコッカースパニエル(勇敢で賢い狩猟犬)
モデラー
(原型の彫塑家)
スヴェン・イェスパーセン
Svend Jespersen
バックスタンプ
ナンバー
B & G
2172
製造年1915年〜1947年
サイズ幅 11.5 cm   高さ 約 8.5 cm
フィギュリンの状態極上美品 でございます。大変良好に保たれています。
説 明貴公子のような柔らかな毛並み(写真4)、勇者のようなキリリとした目(写真3)を持つコッカースパニエル。

素晴らしいモデリング(素地の彫塑)によって、毅然とした雰囲気が伝わって来ます(写真2)。

その造形への着彩効果は、写真5・9をご覧ください。

頭部や尾は、素地にマスキングをした後、茶色を吹き付け。腹や足元も同様に、マスキングをした後に赤茶色の吹き付けをしています(写真10・11)。

一方、胴や尻は、素地に筆でさっと薄い茶色を描いています。

その後に全体に釉薬をスプレーし、焼き上げます。このような「釉下彩」(ゆうかさい)は、釉薬の下に色が溶け広がり、えもいわれぬ「にじみ・ぼかし」となります。筆の刷毛目からも、水彩画のような淡々しい効果が得られます。

小さなサイズながら、抜群の存在感を持つ、芸術的なフィギュリンです。どうぞお楽しみくださいませ。


デンマークのビング・オー・グレンダール窯は、1853年に、彫刻家グレンダールと、美術品を商うビング兄弟によって設立されました。

この窯のフィギュリンは、人物や動物の生き生きとした瞬間をよくとらえ、装飾性にも富んでいます。

1897年に開催された『北欧ストックホルム展覧会』を紹介した資料には、この窯に関する文章があります。以下、ドイツ人による紹介文の引用をいたします。

(1897年の展覧会で)「最高評価に値するのはデンマークから出品されたセラミック製品——まず何と言ってもロイヤルコペンハーゲンとビング オー グレンダールから出品された釉下彩磁器で、その芸術的なデザインは最も注目を集めた。現在、最大の芸術的名声を争っている両者は、同じ路線で競い合いながら先端を走っている。」

「1880年代に、ピエトロ・クローンが、ビング・オー・グレンダール窯に加わったことにより、この窯の芸術開花がはじまった。クローンは優れた芸術家で、日本の芸術に触発され、祖国の芸術を研究し、新しいデザインを創造することに腐心した。この努力の最初の成果は『鷺のサービスセット』(1888年発表・釉下彩の傑作)である。」(引用はここまで。ドイツ語による紹介文の和訳は遠藤聡氏による)

ビング・オー・グレンダール窯は、1892年、淡いブルーを背景にしたカモメ柄の「シーガル・ディナーウェア・シリーズ」を発表しました。クラシカルでエレガントな名品で、大好評を博したロングセラーです。

1895年からはクリスマスプレートの制作を始めています。その後、1987年に、競争相手であったロイヤルコペンハーゲンに合併されました。
お届け安心・確実な「玄関でお手渡し」の日本郵便ゆうパックにてお届けいたします。配達希望時間の指定ができます。お手数ですが対面でのお受け取りをお願いいたします。ご不在の場合は不在票が入ります。